FC2ブログ
お金の話:メニュー

記事内容

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

タグ

  • seo

借り入れ診断

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

お金のはなし
お金に関する情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレーゾーン金利と貸金業法
お金を貸す方は当然少しでも高い金利で利息を計算して収益を増やしたいと思いますし、お金を借りる方は反対に少しでも安い金利で利息を計算して返済を抑えたいと考えますよね。
グレーゾーン金利と貸金業法は、貸金業法の抜け穴を消費者金融が巧みに利用した結果の問題かも知れません。

グレーゾーン金利と貸金業法をサイトで見てみると出資法という法律と利息制限法という法律が頻繁に出てくることに気付きます。
最高裁判所で長年争われたグレーゾーン金利は、最高裁判所の実質的なグレーゾーン金利を厳しく制する判決によって、一気に流れが変わってきたそうです。
簡単に説明すると出資法は消費者金融などが利用する、是非とも利用したい法律で、利息制限法は消費者金融を利用した利用者を守る法律だそうです。
大手消費者金融のアコムでは、グレーゾーン金利を減らすべく金利の引き下げを行ったと新聞などで広告していますし、同じく大手消費者金融のアイフルでも同様にグレーゾーン金利対策として金利の引き下げを行っているようです。
グレーゾーン金利と貸金業法は、消費者金融などの貸金業が今までグレーゾーン金利を利用して利益を得ていたことで発生した過払い金が問題になり貸金業法改正などの動きが出たようです。
グレーゾーン金利と貸金業法は、その利率の差であるグレーゾーンの為に発生した過払い金をめぐる消費者金融と利用者の戦いのみならず、法と法の戦いともいえるかもしれません。
グレーゾーン金利と貸金業法について素人にも分かり易くサイトで説明されているので、参考にしてみるとよいでしょう。
関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。